神奈川県相模原市の呼吸科・循環器科 しなだ呼吸器循環器クリニック 【呼吸器科・循環器科・内科】

しなだ呼吸器循環器クリニック

神奈川県相模原市緑区橋本3-14-1 橋本メディカルビル2階 TEL:042-700-3322
ホーム > 今と昔の通信手段


 新型コロナウイルスに対する検査
投稿:
報道でご存じの通り、現在新型コロナウイルスに対する検査方法には@PCR検査 A抗原検査 B抗体検査があります
日本では、PCR検査が十分に施行されていない現在、厚生労働省は5月13日に抗原検査キット(富士レビオ)を承認しました。4-6時間を要するPCR検査に比べ、判定までの時間が約30分と短時間で、インフルエンザ検査のように「咽頭ぬぐい液」を採取し、試薬といっしょにカセットに滴下する手技のため、診療所等で外来検査が可能な点が注目されています。ただ、現在キット発売元の富士レビオからの報告では、「報道が先走りしており、供給をどのように行うのかがまだ確定されておらず、一般の医療機関で使用できるのはかなり先になりそう」とのことです。また精度の点では、現在最も精度が高いとされるPCR検査でも、その感度(陽性の人を陽性と判断できる率)は約70%であり、10人中3人は、「陽性でも陰性」とでる可能性がありますが、抗原検査は、このPCR検査よりも精度が落ちるとされています。
また、Bの抗体検査に関して、時々施行されている例が報道されており、実際現時点でその検査キットは診療所でも入手は可能のようですが、やはりその精度が低い点と、陽性判断ができる時期が問題です。ウイルスに感染すると、人間の体は、IgM、IgGといった抗体を産生し、ウイルスと戦いますが、感染の比較的早い時期にできるIgM抗体においても、「陽性」と判定されるまでは、発症後1〜2週間を要するとされています。新型コロナウイルス感染症は、重症化する人をどれだけ速くみつけて治療を開始するか、が問題ですが、そのためには発症から1週間以内に診断することが必要になります。
また抗体検査は、現在のところ診断用の医薬品としての認可がなされておらず、研究用としての位置づけのため、全額自費扱いとなっています。

2020年5月14日(木)

<< 「相談センター」に相談する目安の変更に対して
2020.5.10
今と昔の通信手段 >>
2020.5.18



はじめのページに戻る



しなだ呼吸器循環器クリニック
〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本3-14-1 橋本メディカルビル2F
TEL:042-700-3322 

Copyright (c) Shinada Respiratory and Cardiovascular Clinic All Rights Reserved.