神奈川県相模原市の呼吸器内科 しなだ呼吸器循環器クリニック 【呼吸器科・循環器科・内科】

しなだ呼吸器循環器クリニック

神奈川県相模原市緑区橋本3-14-1 橋本メディカルビル2階 TEL:042-700-3322
ホーム > 「with コロナ」は可能なのか?


 「with コロナ」は可能なのか?
投稿:
東京都は「これからの時代は新型コロナウイルスと共に生きる必要がある」ということから「with コロナ」を掲げました。
 生物界では「共生」という言葉がありますが、「共生」を辞書で引くと「いっしょに生活すること。二種の生物が互いに利益を交換して生活する相利共生をさす.スーパー大辞林」と書かれています。
 地球ができた当時、大気は水蒸気と二酸化炭素に満ちており、生物は存在しませんでした。約40億年前、海洋中に光エネルギーを利用して有機物を合成する際に酸素を放出する「光合成細菌」が出現しました。これにより地球の大気は酸素濃度が上昇し、生物にとって有害な紫外線をブロックしてくれるオゾン層が形成されました。そして現在に至るまで、微生物は生物が暮らすための地球環境を維持してくれており、細菌の多くは人間と共に、身体のいろいろな部位で常在細菌叢(そう)を作り、人間にとって相利共生関係にあります。
 「生物」には次の特徴があります。
@「細胞」からできている 
A遺伝物質DNAによって自己を複製する B環境からの刺激に応答する
C環境からエネルギー物質(ATP アデノシン三リン酸)を合成し、そのエネルギーで生活・成長する。
 ところがウイルスは「蛋白質と核酸(DNA、RNA)からできた分子集合体」であり、細胞や代謝系をもたず、自己複製はしますが、感染した宿主側の物質を用いる必要があり、宿主の中でしか増殖できないことから、「生物」の定義にはあてはまらない存在です。
 そのため ウイルスは、人類と「共生」するといっても、一方的に人類の体を借りて増えているだけであり、少なくとも人類の側にとっては、なんら利益をもたらしてくれるものではなく、「共生」というより「人の都合も聞かずかってに同居したきたもの」のような存在です。
 「ウイルスと共生して生きよう」というのは聞こえはいいですが、たとえばエボラ出血熱のような致死率の高いウイルスとは、とても「共生」したいとは思いません。
 新型コロナウイルスの立場に立てば、「自分は地球からいなくなりたくない」のであれば、せめていっしょにいても迷惑をかけない存在でいてほしい、と願わずにはいられません。ウイルスにとっても、その毒性が強いあまり自分が感染した宿主がいなくなってしまうようでは自分も生きていけませんから、時間が経過すれば人間にとっては弱い存在のウイルスだけになります。
 毒性の強いウイルスとして存在している間は、人間のほうが自分を守るための防御策をたてるしか方法がありません。そのために我々は、有効なワクチンができるまで、そして本当はいっしょに居たくはありませんが、ウイルスのほうがどうしても家から出ていきたくないのであれば、いっしょに居ても迷惑をかけない存在となるまでの間、もう少し辛抱強く、人間どおしの距離をとっていくことが必要なのかもしれません。
 子供の頃、家族全員でみていた「8時だよ。全員集合」の志村けんさんを奪った新型コロナウイルスに対し、「共生」というのは癪(しゃく)なので、[with コロナ」の代わりに、独自にキャッチフレーズを考えてみました。
「ちょっとだけよ コロナ」(これは加藤茶でした)

2020年6月4日(木)

<< N95マスクのお礼
2020.6.2
息苦しいと思ったら >>
2020.6.14



はじめのページに戻る



当院は呼吸器疾患・循環器疾患を中心として診療するクリニックです

しなだ呼吸器循環器クリニック
〒252-0143 神奈川県相模原市緑区橋本3-14-1 橋本メディカルビル2F
042-700-3322

Copyright (c) Shinada Respiratory and Cardiovascular Clinic All Rights Reserved.